オープニングトークはヒデちゃんの姿勢の良さについて。
演奏中以外はそんなに姿勢が良くないけど、演奏中は自分を大きく見せたいという孔雀的な「マインド」でよい姿勢を保っている。

自己紹介テーマは喉のケアについて。

藤くん 睡眠と保湿に勝るものはない。保湿ははちみつを溶かしたお湯をちびちび飲む。ライブ中は水を飲まず、このお湯を「ペロッと」舐めている。
へぇ!!!全然知らなかった。藤くん唄っているのに水分摂ってなかったの!?てっきり照明が落ちた時にごくごく飲んでいるのかと思っていたわ。

ヒロくん 好きなのど飴は浅田飴。カリンのど飴も好き。

ヒデちゃん これまで出会った人で良い声だと思った人は、山寺宏一さん。声の魔術師と言いたいのに「まじゅすし」「まじゅちゅし」になっちゃうヒデちゃん(笑)。

そして11/4発売されたライブ映像作品「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME」と、シングルCDの「アカシア/Gravity」「Gravity/アカシア」の感想の紹介。
ライブ映像は本当におすすめなので、今週もamazonのリンク貼っておきます!




メールの読み手を決めるのに「ヒロくん読み読み」「ヒデちゃん読み読み」という可愛い表現をする藤くん。キュンキュンポイントだなぁ。ヒロくんは「ヒデちゃん読み聞かせして」と。深夜3時だもんね。もはや読み聞かせだね。

aurora arkに参戦したリスナーさんから、ライブ当日はのどが痛くて声を出せなかったけど、藤くんが最後に「心の中で歌ってくれたでしょ」と言ってくれたのでとっても泣いた。今度はDVDを見ながら声を出して歌えたというメール。

藤くんは、俺はライブ中に何度も「叫べ」「声を聴かせてくれ」と言って、それに対して実際に声を出してくれることも、心の中で応えてくれることも同価値に嬉しいこと。そもそもライブに来てくれたこと、そこにいて聴いてくれたこと、何か思ってくれたことが嬉しい。家でDVD見てる時も声を出さずともそうしてくれるだけで嬉しいと。

泣いちゃう。嬉しいよ。藤くん。

そしてもう1通、aurora arkにも参戦してライブ映像も見たリスナーさんから、冒頭の藤くんのMCのカットから泣いて(私も同じ)見ながら何度も泣いて(私も同じ)、最後の藤くんのMC「気づかれなくても俺たちの曲は一緒にいる」にもその通りだと思った(私も同じ)というメール。

藤くんは、ものすごく嬉しい。僕もメンバーもたくさんのことを感じるわけだけど、簡単に言葉にできない。そしてその言葉にできない感じも、見てくれた人はわかってくれるのではないかと思うって。そして「もう1曲歌うと言って花の名を歌い始めた時、見れなかったヒデちゃんの顔をDVDで観れてよかった」と(笑)。

ヒロくんは、自分たちが見てもとても感動するって。なんか、やっぱりBUMPとリスナーは心が繋がってるって思う。藤くんがあの日言っていた「音楽を真ん中にした待ち合わせ」を、映像作品でもやっているような感じ。同じものを見て、同じ日を思い出して、あの日見きれなかったいろいろなものを映像で確認して、言葉にできないいろんなことを思って。そういうことをリスナーもBUMPもやっているってことがまた更に感動的だな。

ふつおた(屋台骨)のコーナー。
自分の名前は好きか、名前についてどんな風に思うかという質問メール。

ヒデちゃんも物語の主人公みたいな名前に憧れていた。自分の名前を電話などで説明するときに「秀でるに夫です」と言っていて、自分のことを褒めてて恥ずかしくなった。

藤くんは小学生の時、雑魚のくせにバカだから廊下を走っていたら高学年の人に呼び止められて名前を言えと言われ、「1年〇組の藤原基央です」と言ったのに、そんな変な名前があるわけがないと信じてもらえなかった。そして「あきら」という名前に憧れてた。
漢字を説明するときは「基本の中央」。

ヒロくんは「道明寺」みたいな苗字に憧れてた。名前の漢字を説明するときは「弓にムに明るい」と言う(笑)。

もう1通ふつおた。掃除など何かをする時にかける音楽はあるかという質問メール。BUMPメンバーはThe Whoなど昔ライブのSE(登場のBGM)に使用していた曲を聴くと、緊張するらしい。
そういうの良いな。真剣になれるスイッチの曲。

そしてヒロくんのバースデー企画。
ちょっとした場所に持っていくちょっとした手土産とちょっとしたうんちくをヒロくんに紹介する企画、「ヒロ憧れの手土産リスト」。

ここでヒロくんが求める理想のかっこいい大人像とはどういうものかという質問メールを紹介。ヒロくんの回答は「サッとしてる」(どういうこと!?(笑))。お土産を渡す時に「浅草行ったから買ってきたよ」となどとスマートにできる、ということ。

すかさずヒデちゃんが「お前、どこか行って俺のこと思い出してなんか買ってくるような奴じゃないじゃん」と突っ込む。「そんなこと言うなよ。俺結構買ってくる、、、」とヒロくん。

ヒロくんが思うかっこいい大人像は要するに「気の利くやつで、相手にも気を遣わせない人」。それはお土産を買う・渡すという行為に集約されており、話も面白そう(いろいろ詳しい)。

どうしてもこの手土産リストに引っ張られた感じの回答になっちゃうヒロくん。そういうとこ、ヒロくんらしいなぁ。

そしてひとつめは山口のお土産。「夏蜜柑丸漬」。夏みかんの実をくり抜いて、白羊羹を入れたもの。羊羹の甘さとみかんの皮の苦みを味わえるそう。
これは絶対においしいね。食べたい!100年継ぎ足されている蜜で皮を煮込むところから始まり、全工程で5日間もかかるらしい。

ふたつめは熊本県のお土産。「風雅巻き」。ピスタチオ、大豆、カシューナッツ、ピーナッツなどいろいろな種類の豆を海苔で巻いたお菓子。これはおいしそう!

みっつめは青森県のお土産。「スタミナ源たれ」。青森県産の大豆や小麦、りんごを使用した焼肉のたれ。甘口、中辛、辛口、塩だれなどの種類があって、料理にも使える。焼肉パーティやBBQなどに、いい肉や野菜ではなくてこのたれを持っていくことで、たれへのこだわりのあるものを知っている大人を気取れる。

そしてもうひとつのバースデー企画。
リスナーさんが自分の専攻や職種での常識や専門知識などを紹介して、ヒロくんがいろんな場所でその知識を披露してものを知った大人としてふるまえる企画「ヒロの知らない大人辞典」。

看板の設計をしているリスナーさんから、「4メートル」という概念の紹介。4Mを超えると工作物確認申請という手続きが必要になるので大事なボーダーライン。

次は多分大学生のリスナーさんから、「サチる」という言葉の紹介。サチュレーションの略で、飽和状態にあることを指す。検査機器の値が常に100%を超えておりグラフが作れない時などに使う。ギターのエフェクターで歪ませるのも同じことなので使えるのでは?と。そして「マインドはサチってるよ」と使えるじゃないかと(笑)。全力以上に振り切ったマインドということね。

国際物流系営業事務をしていたリスナーさんから「PCB」という言葉の紹介。ヒロくんは「パッケージセンターバック」と推測(頭文字だけ合わせてるけどどういう意味なんだ(笑))。正解は「プリーズコールバック」で折り返し電話ください、という意味。電話メモで「PCB〇〇会社〇様」と便利に使えると。確かに。チャット使ってないで手書きだと単語登録できないから、面倒だよね。

エンディングトークのテーマは幼稚園。

藤くん 幼稚園時代の忘れられないヒロくんは、声の高さ。ヒロくんのものまねをしているけど、あんなもじゃないくらい高かった。可聴域ぎりぎり。そして先生に水筒でばちゃばちゃと洗われていた。不慮の事故で(笑)。そしてヒロくんはあっけらかんとしてた(笑)。
なるほどね、不慮の事故か(笑)。幼稚園くらいだとね、そういうこともまだあるよね。

ヒロくん 幼稚園時代のヒデちゃんと言えば、おでこがぼっこり腫れていたことがあった。そしてその腫れが治るか治らないかくらいでおでこの反対側もぼっこり腫れていた。たんこぶが左右対称にできていた。そしてそのたんこぶは今でも治っていない。

ヒデちゃん 幼稚園時代の藤くんと言えば、まったく接点がなかったのでアルバムに映る藤くんの印象しかない。幼稚園の頃の藤くんは、中学前期の頃の藤くんに似ている(笑)。

今週もラストはツアーDVDのライブ音源から「GO」!これ藤くんがイントロでメロディーフラッグ唄っているのとか歌詞替えがそのまま入っているやつ!!

こんな風にあの日の最高のライブの熱量を1曲だけカットアウトして放送して、全然BUMPリスナーじゃない人も聴いたりするのか。(途中でフェードアウトだけど。。)どんなふうに受け取ってもらえるものか知りたいなぁ。

オンエアではふつおたがまるまるカットだったね。それでもリスナーからのメールをどんどん紹介したい!っていう3人の気持ちが伝わってとっても嬉しい。ありがとうございます。

今週はとっても笑ったわ。来週も楽しみです!

今日の放送で流れた曲

オープニング:アカシア



1曲目:Aurora



2曲目:アリア



3曲目:望遠のマーチ



4曲目:ray



5曲目:リボン



エンディング:GO(aurora arkライブVer.)



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事