この曲はBUMP OF CHICKENがまだバンドを結成して自費でライブ活動をしていた頃に、バンドのテーマ曲が欲しいよね、ということで作られたの。

このサイトでは「BUMP魂を感じる」というカテゴリでBUMP OF CHICKENがどういう意思をもって音楽をしているのかがよく伝わる曲を紹介しているのね。

このBUMP OF CHICKENのテーマを聴くと、初めからずっと同じ気持ちで音楽をしているのだということがよくわかる。

あぁ 僕らは君をベッドから引きずり出して

手を繋ぐため 魔法をかけた

へなちょこの4人組

まさにBUMP OF CHICKEN。

聴く人の存在を大切に、その人と繋がるため、コミュニケーションを取るために音楽を届ける。

曲を聴いたら元気になれるとか、勇気が出るとか、聴いた人のことを想っているからこそ強く込めた想いが、聴いた人に作用することがある。

少年たちはそれを魔法をかけると表現している。

あぁ 僕らは寂しい雨の日に君の横で

うるさい音を 優しく鳴らす

へなちょこの4人組

君の心が雨の日のように泣いていたり沈んでいたりするのなら、そんな君にこそ僕らは音楽を届けるよと唄う。

15~16歳の少年がこんなことを言っているという事実に、私は母親のような気持ちでこの曲を一緒に作った4人を誇らしく思う。そしてなにより改めて尊敬の気持ちが起こる。

20年経っても30年経っても、きっとずっと変わらない4人の魂。

20周年記念ライブDVD本編とライブCDで聴けるので、この曲を作ってから20年経った彼らの姿とともにぜひ聴いてね。

楽曲情報

タイトルBUMP OF CHICKENのテーマ
作詞・作曲BUMP OF CHICKEN
編曲BUMP OF CHICKEN
収録アルバム20周年記念ライブ「20」ライブCD M12

この曲もおすすめ

tomonoの拝聴感想文はこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事