流れ星の正体はボーカル&ギター、作詞・作曲をしている藤原基央さんが18年続けた雑誌の連載を終えるにあたり、最後に書くことを考えていた時にできた曲。
読者やリスナーから届けられ続けた手紙を、全部読んでいた藤原さん。連綿と交わされてきた音楽と手紙の心のコミュニケーションによって、藤原さんの心に生まれたものが描かれている。

こう書くと、藤原さんに手紙を書いた人にだけ唄っていると思うかもしれないけれど、そうじゃない。

BUMP OF CHICKENは聴く人を選ばない。

この曲に込められた想いは、今これを読んでいるあなたに向けられていると思っていい。

実際に手紙を書いていなくても、BUMP OF CHICKENを好きでなくても関係ない。今生きているあなたが、いろいろなことを感じて悩んだり苦しんだり、喜んだり頑張ったり、失敗したり成長したりしながら生きているということを知っているから。
そんなあなたに、唄っているんだと思っていい。

あなたに対してこういう気持ちでいてくれる人がいるんだってことを知ってほしい。

BUMP OF CHICKENの曲は、いつでもあなたの心に寄り添っているんだってことを知ってほしい。

流れ星の正体、絶対聴いてね。

弾き語りバージョン(歌詞付き・YouTube)はこちら

アルバムバージョン(YouTube)はこちら

流れ星の正体



アルバム「aurora arc」



楽曲情報

タイトル流れ星の正体
作詞・作曲藤原基央
編曲BUMP OF CHICKEN & MOR
収録アルバムaurora arc M14

この曲もおすすめ

tomonoの流れ星の正体拝聴感想文はこちら。藤原基央さんのインタビューも紹介しているよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事