妻、夫、子供、親、恋人、同僚、上司、部下、先輩、後輩、仲間。

大切な人を大切にすることは難しい。うまくいかない時、どんなに相手のせいにしても邪魔をしているのはいつも自分かもしれない。いつだって自分から結ばなきゃいけない、あの人とあなたを結ぶリボン。

BUMP OF CHICKENは幼稚園からの幼馴染の4人組。ラジオ番組やライブ中のMC、InstagramやTwitterの写真からも彼らの仲の良さが伝わる。

他のバンドや関係者、リスナーからも仲が良いと言われてきた彼ら。

地元千葉の小さなライブハウスで、友達に自分たちでチケットを売っていた頃から現在までに、たくさんのバンドが解散していった。掃いて捨てるほどのバンドが続けられなくなる中、BUMP OF CHICKENは休むことなく活動し続けてずっとリスナーを増やしてきた。

そしてリスナーと深く想い合えるだけの求心力を、彼らは育ててきた。

意地や恥ずかしさに負けないで 心で正面から向き合えるよ
僕らを結ぶリボンは 解けないわけじゃない 結んできたんだ

誤魔化さないということ、誠実な気持ちで相手を受け入れること、いちいち何が大切かを考えて答えを出すこと。そうやって4人で音楽を続けてきた20年。

そんな風に生きられる人が、どれだけいるだろう。

作詞作曲をした藤原基央さん本人は「僕たちBUMP OF CHICKENだから(笑)。そこしか誇れるものはないっす。逆に言うと、そこだけは誰にも負けないっす。」と言っている。
だからこそ、たぶん数十万分の一(数は適当)のバンドしかたどり着けないところまで来れたのではないかな。

嵐の中をここまで来たんだ

君の勇気を 僕が見れば星だ 並べても同じでありたい

ひとりひとりがかけがえのない存在で、ひとりひとりが勇気を出して、お互い励まされて、尊敬し合っていることが伝わる。

ベースの直井由文さんが誕生日にメンバーから貰ったプレゼントをInstagramで紹介したときに

“友達であり、バンドメイトであり、尊敬する3人と側に居れて、当たり前じゃなくて…
一緒にいれる奇跡。”

とコメントした。

友達もバンドメイトも適切なジャンル分けではあるけど、彼らの絆や関係性を表現しきれる言葉ではない。

BUMP OF CHICKENが作った音楽こそがその証明であり、その音楽を聴いたリスナーが励まされ勇気をもらい自分の人生に向き合えていることがその成果ではないかと思う。

彼らの生き方に触れ、自分の毎日や人生をもっと愚直に誠実に生きようと思えるし、素直になって大切な人との関係をもっと深めていこうと思えるんじゃないかな。

リボン、ぜひ聴いてね。

リボン(デジタルシングル)



アルバム「aurora arc」



BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルで20周年最後の日に公開されたスタジオライブの映像がフルで見られます。

YouTubeはこちら

楽曲情報

タイトルリボン
作詞・作曲藤原基央
編曲BUMP OF CHICKEN & MOR
リリース 2017.5.1
形態配信限定シングル
収録アルバムaurora arc M6
タイアップ「Galaxy」CMソング

この曲もおすすめ

次のページからはtomonoのリボン拝聴感想文だよ。藤原基央さんのインタビューも紹介しているよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事