ぱやぱぱエースは2019.7.10にリリースされたアルバムaurora arcのシークレットトラック。

BUMP OF CHICKENのCDに入っているシークレットトラックについては、シークレットなので、BUMP OF CHICKENのみんなは「誰が作ったか知らない曲」などとポンツカで言ったりしている。その一方で過去の雑誌のインタビューでシークレットを作っていることを話したりもしている(笑)。

ぱやぱぱエースはとにかく、すごい楽しい気持になる。

体操のお兄さんというイメージで、教育番組で幼児と一緒に振り付けしながら唄っている光景が浮かぶ曲。

歌詞の内容が子供向けじゃないけどね。

アルバムaurora arcに付いているDVD(もしくはBlu-ray)の隠し映像として、このパヤパパエースの映像が見られるんだけど、もう、ヒデちゃん最高。

どういう気持ちで写真に撮られていたんだい?

ライブ中の真顔のヒデちゃん、雄叫びを上げるワイルドなヒデちゃん、ものすごいかわいい顔で笑うヒデちゃん、ポンツカで活舌の悪さやリスナーからのメールへの回答を突っ込まれるヒデちゃん。

シークレットトラックでいじられ役になるヒデちゃん。

ヒデちゃんのふり幅よ。

シークレットトラックは基本的に笑えるようになっているんだけど、やっぱりこの曲のハイライトは「11人でどのようなスポーツができるか列挙」するところ。

なんだかあの突き詰め方に、藤くんを感じるんだよな。シークレットトラックの歌詞でも、藤くんの突き詰めて考えていく「藤くん性」が如実に表れてて、そしてそこがおもしろい。

11人でどのようなスポーツができるか、を全く噛まずに正確なリズムで歌う練習を幾度となく積みかさねたよ。私は。

そこだけ多分、真剣な顔してるよ。

アルバムで通しで聴くと、13曲目に新世界でものすごいハッピーでスキップしたいような気持になって、間髪入れず14曲目が流れ星の正体ですごい泣いて本編が終わり、私はまだ泣き終わっていないのに、ぱやぱぱエースが始まっちゃって「あ、振り付けしなきゃ。楽しく歌わなきゃ」って思って切り替えて楽しい気持になるっていう、気持ちのV字度合いが半端ないの。

私は朝のアラームをぱやぱぱエースにしているくらい、ぱやぱぱエースが好き。

“おはよう太陽 ごきげんよう”

で始まるからね。

“素敵な一日 ハッピーデイ”

だからね(笑)

藤くん、ヒデちゃん、チャマ、ヒロくん。
ぱやぱぱエースを作って届けてくれてありがとう。

アルバム「aurora arc」



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事